ふみもこブログ
年間100冊以上・累計4000冊以上読書する主婦ブログ
サスペンス・ホラー

乃南アサさんの代表作・おススメ作品集

乃南アサさんの代表作・おススメ作品集

 

ねずみ
ねずみ
今日はどんな本を紹介してくれるの?
ふみもこ
ふみもこ
今日は女性ならではの鋭い視点で、数多くの本を執筆されていらっしゃる乃南アサさんを紹介するよ
ねずみ
ねずみ
楽しみ♪

乃南アサさんは、女性ならではの鋭い視点で、心理描写に定評のある作家です。多くの作品がありますが、どの作品の登場人物にも惹きつけられます。有名なのは、直木賞を受賞した『凍れる牙』、中央公論文芸賞を受賞した『地のはてから』です。

女刑事、音道貴子シリーズ

『凍れる牙』

獣の咬傷がある男の死体が発見されます。異常な事件を起こしている怨念は何なのか。
女性刑事の孤独な闘いが、圧倒的共感を集めた、大ベストセラーです。
乃南アサさんの会心作です。男社会の中で闘う音道貴子に共感し、応援しました。

『鎖』

音道貴子が監禁されてしまいます。行方不明となった貴子を救出するため懸命に捜査しますが、なかなか見つかりません。ついに貴子は気力も体力も限界になってしまいます。ドキドキするストーリー展開です。

『風の墓碑銘』

民家の解体現場から、白骨死体が発見されます。音道貴子達は捜査しますが、謎が謎を呼ぶ難事件になります。

『風紋』

ある殺人事件をめぐる家族の物語です。真に迫る心理描写で、登場人物の気持ちと一体化してしまい、心苦しくなってしまいました。

『晩鐘』

犯罪被害者の問題を真っ向から取り上げた作品です。『風紋』と同様に、心理描写がすぐれた大作です。

新米警官、高木聖大シリーズ

『ボクの町』

『駆け込み交番』

マエ持ち女二人組シリーズ

『いつか陽のあたる場所で』

『すれ違う背中を』

『いちばん長い夜に』

その他

『しゃぼん玉』

通り魔を繰り返す卑劣な青年が山村に逃げ込みます。何も知らない村人たちと青年の、ていねいに描かれた心理サスペンスはサスペンスというより、ヒューマンドラマです。

『地のはてから』

今までの乃南アサさんのサスペンスとは、異なった小説です。
大正時代から昭和時代の北海道知床に、開拓移住した家族の物語です。厳しい自然環境で、過酷な境遇に置かれる主人公とわ、とわの生き様をていねいに描いています。人生を生き抜くことを考えさせられる作品です。

『水曜日の凱旋』

終戦。男たちは戦争に敗れ、敗戦国日本は、女たちを進駐軍に差し出しました。十四歳の主人公鈴子は、様々な女性たちの変化を見つめていきます。戦争中から戦後の様子がうまく描かれています。

『すずの爪あと短編傑作選』

著作者らしい人間描写の優れた11編の短編集です。表題の『すずの爪あと』は、原発誘致と震災に揺れる人々の心理を、猫の目を通して表現しています。

『チーム・オベリベリ』

明治時代。北海道十勝の原野で生き抜いた女性がいました。鈴木カネは、宣教師たちが開いた横浜の共立女学校で学び、父や兄と同じように聖書の教えを受け信仰を持ちました。兄は、渡辺勝、依田勉三と、北海道開拓のため「晩成社」を立ち上げ、新天地へ向かいます。明治15年(1882)年、カネは渡辺勝と結婚し、オベリベリと呼ばれた帯広へ行くことを決めます。