ふみもこブログ
年間100冊以上・累計4000冊以上読書する主婦ブログ
サスペンス・ホラー

大沢在昌さんの代表作・おススメ作品集

ねずみ
ねずみ
今日は、どんな本を紹介してくれるの?
ふみもこ
ふみもこ
今日は、ハードボイルド・冒険小説作家、推理作家の
大沢在昌さんの代表作・おススメ作品集を紹介するよ!
ねずみ
ねずみ
楽しみ♪

特殊捜査班カルテットシリーズ

『生贄のマチ 特殊捜査班カルテット』

警視庁の異端者クチナワは、子どもの頃家族を惨殺されたタケル、中国残留孤児三世のホウと、謎に包まれたカズミの3人を特殊捜査チームにしようとします。

『解放者 特殊捜査班カルテット2』

若者を集めて行われる野外イベント「解放区」と、破壊工作を行う「リベレイター」。警視庁のクチナワは、2つの集団に接点はあると知り、3人に潜入捜査を命じます。

『十字架の王女 特殊捜査班カルテット3』

カスミが銃撃戦に巻き込まれ、行方不明になります。タケルとホウはクチナワとともに、カズミを救うカギを握る人物を追います。

『覆面作家』

小説家の「私」が語る、8編のミステリー短編集です。

『俺はエージェント』

下町の居酒屋で常連客の白川老人に電話がかかってきました。スパイ小説好きの村井が居酒屋からアパートに戻ると、白川老人が訪ねてきて、エージェントに復帰する指令がばれて命を狙われていると言います。次々と殺し屋に襲われますが、村井たちは真相を追いかけます。

『無間人間 新宿鮫4』 直木賞受賞

若者たちの間で流行っている「アイスキャンディ」は、実は覚せい剤でした。密売ルートを追う刑事鮫島は、組の人間、麻薬取締官、地方財閥まで、関わっていることを知ります。鮫島は、利権の争いに巻き込まれていきます。

『Kの日々』

3年前に組長誘拐事件があり、身代金8千万円を受け取った李は、間もなく、白骨となって東京湾に浮かびました。探偵・木は依頼されて、李の恋人Kの調査を始めます。

『帰去来』

警視庁捜査一課の志麻由子は、捜査中に何者かに首を絞められて気を失ってしまいます。気がつくと、そこは「光和26年アジア連邦・日本共和国・東京市」で、タイムトリップしたのでした。

『熱風団地』

フリーの観光ガイド佐抜克郎と元女子プロレスラーのヒナは、外務省関係者から依頼されて、アジアの小国ベサールの王子を探します。