ふみもこブログ
年間100冊以上・累計4000冊以上読書する主婦ブログ
歴史小説

宇江佐真理さんの代表作・おススメ作品集

ねずみ
ねずみ
今日は、どんな本を紹介してくれるの?
ふみもこ
ふみもこ
今日は、時代小説作家、『幻の声』オール讀物新人賞、『深川恋物語』吉川英治文学新人賞、『余寒の雪』中山義秀文学賞、髪結い伊三次捕物余話シリーズなどで有名な宇江佐真理さんの本を紹介するよ!
ねずみ
ねずみ
楽しみ!
今日の目次
  1. 『寂しい写楽』

『寂しい写楽』

寛政の改革令に反旗を翻した蔦谷重三郎は、人気歌舞伎役者の大首絵刊行を行います。起用されたのは、謎の絵師・東洲斎写楽でした。山東京伝、葛飾北斎たちに助けられ、10か月の間に百四十余の浮世絵を発表します。写楽とは、一体、何者なのでしょう。