ふみもこブログ
年間100冊以上・累計4000冊以上読書する主婦ブログ
推理小説

吉川英梨さんの代表作・おススメ作品集

吉川英梨さんの代表作・おススメ作品集

 

ねずみ
ねずみ
今日はどんな本を紹介してくれるの?
ふみもこ
ふみもこ
日本の推理作家、恋愛小説家で、ハラマキシリーズ、新東京水上警察シリーズで有名な吉川英梨さんの代表作・おススメ作品集を紹介するよ!
ねずみ
ねずみ
楽しみ♪

ハラマキシリーズ

『アゲハ 女性秘匿捜査官・原麻希』

警視庁鑑識課の原麻希は、ある日、子供を預かったという誘拐犯からの電話を受けます。犯人に指示された場所に行くと、同様に息子を誘拐されたかつての上司の姿がありました。

『スワン 女性秘匿捜査官・原麻希』

原麻希と公安部の広田は、捜査のため奈良県に向かいました。そこで知事選候補者が誘拐され、身代金を運ぶ人に原麻希は指名されました。

『マリア 女性秘匿捜査官・原麻希』

自宅謹慎中の原麻希は、年下の警官から頼まれ、ある女性の不審死を調べます。

『エリカ 女性秘匿捜査官・原麻希』

原麻希は、最凶の犯罪脚本家、背望会リクルーターを逮捕するという指令を受けます。が、リクルーターの自殺体があがったとの連絡が入ります。

『ルビイ 女性秘匿捜査官・原麻希』

六本木の違法クラブで女子中学生の惨殺死体が発見されます。女性がからむ事件を優先的に捜査する「女性犯罪」捜査班のメンバーは、現場へ向かいます。原麻希は、娘が背望会リクルーターの娘と交流があるのではという疑いを持ちます。

原麻希は、娘が背望会リクルーターの娘と交流があるのではという疑いを持ちます。

『警視庁「女性犯罪」捜査班警部補・原麻希』

原麻希は、「女性犯罪」捜査班に異動となり、新たな難事件に挑みます。

『警視庁「女性犯罪」捜査班警部補・原麻希 5グラムの殺意』

六本木の違法クラブで女子中学生の惨殺死体が発見されます。女性がからむ事件を優先的に捜査する「女性犯罪」捜査班のメンバーは現場に向かいます。

『警視庁「女性犯罪」捜査班警部補・原麻希 通報者』

野原という税理士の妻子が誘拐されます。身代金を持った野原がスーパーあずさに乗ったという連絡が入り、高尾山近くにいた「女性犯罪」捜査官たちが追うが、警察の介入がばれ、取引は中止となります。

『警視庁「女性犯罪」捜査班警部補・原麻希 氷血』

北海道・旭川に帰省していた原麻希一家は、札幌で、偶然、氷漬けとなった女性の遺体を発見します。

『警視庁「女性犯罪」捜査班警部補・原麻希 蝶の帰還』

女性の死体遺棄事件と警察官子女誘拐事件が同時に起こります。

『警視庁捜査一課八係警部補・原麻希』

原麻希は、女性班から捜査一課八係に異動になり、不可思議な連続孤独死事件の捜査に挑みます。

新東京水上警察シリーズ

『波動 新東京水上警察』

東京オリンピックを控え、東京湾整備拡充のため水上警察が新設されました。無人島の第六台場で白骨死体が発見されます。

『烈渦 新東京水上警察』

東京湾に係留されている「宗谷」の船室で腐乱死体が発見されます。

『朽海の城 新東京水上警察』

死体が沈んでいるという通報を受けて、水上警察が向かうと、頭部に進水式で使う斧が突き刺さっていました。

『海底の道化師 新東京水上警察』

東京湾海底から回収された運転免許証3枚は、失踪中の若い女性のものでした。

『十三階の女』

「十三階」は、警察庁公安秘密組織です。刑事·黒江律子は、任務と愛に揺れながら国家を守ります。

『十三階の神』

公安秘密組織「十三階」は、カイラス蓮昇会教祖の死刑執行が迫り、揺れていました。そんな時、黒江律子の母親が、カイラス分派団体に入信してしまい、律子は単独で捜査を始めます。

『新宿特別区警察署 Lの捜査官』

歌舞伎町、新宿二丁目、三丁目を管轄する「新宿特別区警察署」は、「新宿L署」と呼ばれています。歌舞伎町のホテルで全裸の中年女性の遺体が発見されます。母であり妻である警察幹部の新井琴音と、レズビアンの女性部下の堂原六花が、男性中心組織の中で、事件解決に向けて活躍します。

『感染捜査』

2020年6月、お台場のレストランで惨殺遺体が複数発見されます。同じころ、豪華客船でも遺体が発見され、生存者によると、ゾンビのように次々とお互いを襲い食べ始めたということでした。新種ウィルス感染が原因とわかり、客船に感染した乗客と医療チーム、警察官と海上保安官たちを乗せ、硫黄島近海に隔離されます。

『海蝶』

日本初の女性海保潜水士の挑戦と勇気の物語です。横浜海上保安部所属の忍野愛は、女性初の潜水士として注目を集めていました。初だからこその周囲の戸惑いもありますが、彼女は、覚悟して海に対峙していきます。海上保安官の精神に心を動かされました。