ふみもこブログ
年間100冊以上・累計4000冊以上読書する主婦ブログ
エッセイ

小池真理子さんの代表作・おススメ作品集

小池真理子さんの代表作・おススメ作品集

 

ねずみ
ねずみ
今日はどんな本を紹介してくれるの?
ふみもこ
ふみもこ
今日は直木賞・島清恋愛文学賞・柴田錬三郎賞・日本推理作家協会賞・吉川英治文学賞の受賞で有名な小説家・エッセイスト、小池真理子さんの代表作・おススメ作品集を紹介するよ!
ねずみ
ねずみ
昨日の林真理子さんに続き、ファーストレディーと同じ、真理子さんシリーズだね♪楽しみ♪

 

『恋』 直木賞受賞

1972年冬。浅間山荘事件の陰で、一人の女が発砲事件を起こします。当時学生だった布美子は、大学助教授・片瀬と妻・雛子との奔放な関係にひかれていきます。が、一人の青年が現れることで、悲劇がもたらされます。

『欲望』 島清恋愛文学賞受賞

青田類子は、妻子ある男との肉欲に溺れながら、同級生である美しい青年にひかれていきます。

『虹の彼方』 柴田錬三郎賞受賞

48歳の女優と、43歳の作家が出会い、恋に落ちます。不倫という立場から、息をひそめながら、逢瀬を重ねていました。ついに、二人はすべてを捨て、逃避行を決断します。

『墓地を見下ろす家』

哲平一家は、新築、格安、都心という抜群の条件のマンションに移ってきました。そこは、広大な墓地に囲まれていました。

『妻の女友達』 日本推理作家協会賞受賞

平穏に暮らす夫婦の前に、突然、妻の女友達が現れます。そして、彼女が家庭を破滅に追い込んでいきます。

『闇のカルテット』

男をひき殺してしまった芽衣子は、身代わりを立てようと、悪魔のような計画を練ります。

『柩の中の猫』

雅代は、父子家庭の娘の家庭教師として、二人の生活に加わります。幼い娘は、猫にしか心を開いていませんでした。

『ナルキッソスの鏡』

女装倒錯のある美しい青年と、過剰な家族愛を持つ大女。彼らが交わった時、悲劇が始まります。

『死に向かうアダージョ』

生に執着する人間もいれば、生に執着しない人間もいます。三角関係はどこへ向かうのでしょう。

『記憶の隠れ家』

記憶の深みに隠されていた、悲劇の真相を描く、恐ろしくも美しい短編集です。

『狂王の庭』

庭を作る男と、美しい人妻の物語です。

『一角獣』

8通りの人生の夢まぼろしを見事に描き切った小説集です。

『瑠璃の海』

夫を失った萌と、娘を失った遊作は、運命にもてあそばれるように愛し合い、終末へと向かいます。

『美しい時間』

大人の男女を描いた二つの短編集です。

『水底の光』

ひとりで生きる女たちを描いた短編集です。

『存在の美しい哀しみ』

異父兄の存在を知らされた主人公は、兄のいるプラハに向かいます。そこで、両親の過去、家族の姿を知ります。

『無花果の森』

夫の暴力から逃れ、身を潜めて生きていく女を描いた作品です。

『沈黙のひと』 吉川英治文学賞受賞

亡き父が遺した日記には、娘への愛、家族との不仲、そして恋人とのことが記されていました。

『ソナチネ』

「官能」と「生死」をテーマに描かれた7編です。

『怪談』

日常と隣り合わせの、死者と生者のつながりを描く、幻想怪奇小説集です。

『千日のマリア』

生まれてから死ぬまでの「時間」、それを見つめて描かれた8編です。

『異形のものたち』

「この世でないものは、いつも隣り合わせでここにいる」。大人のための幻想怪奇小説集です。

『死の島』

プライド高く、理性的な一人の男が、自分らしい「死」の道を選び取るまでを、リアルに描いています。

『蔵の中』

私は毎日、交通事故で下半身不随になった夫の世話をするだけでした。唯一、心の支えは、夫の親友で事故の加害者である新吾の存在でした。

『会いたかった人』

小夜子は、中学時代の親友・良美と25年ぶりに再会します。それから、しつこくつきまとう良美に、不安と恐怖を抱いていきます。

『やさしい夜の殺意』

両親とけんかをして家を出た久美は、疎遠だった兄の家に身を寄せます。兄夫婦との居心地のよい生活が続いていましたが、底知れぬ不安が近づいてきます。5編のサスペンスです。